zozoの雑誌週刊誌拾い読み日記

雑誌と週刊誌ネタの世界にようこそ!
雑誌って拾い読みが一番なんです。 できるだけ多くの雑誌を斜め読み拾い読みしましょうね♪

スポンサーサイト

-

一定期間更新がないため広告を表示しています


-|-|-|-

宝くじの2億円失って学んだ陰の運気陽の運気 女性自身11/18

 自らも年末ジャンボを当てた占い師、蔵間雄士さんの当選してからわかった「陽の運気」「陰の運気」

岩手県のジャンボ宝くじを当てた女性が、当選の翌年なんと殺害されてしまった事件が生々しいが、記事の登場人物四国の蔵間雄士さんという方も、一等の2億円を当てた経験があるのだそうだ。
その後どうなったかというと、かの岩手の女性のように殺されたりはしていないが、現在はお金をすべて使い果たし、高松市内の街頭で占い師をしておられるそうである。
その時の経験からのふか〜い運命学的洞察。

蔵間さんが購入した宝くじは営業マンをしていた頃のお話。会社の仕事で上京したついでにたまたま西銀座チャンスセンターで購入した一枚が大当たりを掴んだものらしかった。
当選しても、慎重には慎重を重ね、身内にも友人にも秘密にしてわざわざ上京して、東京の第一勧銀で換金をしたそうだ。

しかし、その大ラッキーの前後蔵間さんは、不思議な体験を2度もしているという。
一度は暴走車にあわや轢き殺されそうになり、もう一度は通勤で通っている時間にいつも通る十字路で大事故があったそうだ。その日に限って忘れ物をして事なきを得たが、その時まさに2億円は命と引き換えに与えられたような気がしたそうである。
要するに、運命学的に言うと「・・・・宝くじ一等が当たった時の運気は、人生で事件事故に遭遇する運気の陽の卦が強く出た時なんです。同じ運気でもし陰の卦が強く出ていれば、それは不幸な事故や事件に巻き込まれる運。それが両方出てしまったのが岩手の女性のケースではないでしょうか」

と、いうことだ。

(陽の卦陰の卦とういうのが、アホなぼくにはもうひとつよく理解できないが、要するに大災難に遭遇する人と大幸運に遭遇する人は、ほとんど皮一枚の裏表ということなのかな。
最終的にどっちに転ぶか分からない。)

それでは不幸にも?2億円当ててしまった人はどうすればいいのか?

「こうした大きなことに遭遇する運気の時はとにかく運気を乱してはダメ。依然と変わらない生活をリズム正しくしていくことが重要なポイント」
なのだそうである。

2億円をまんまと手に入れた蔵間さんは、沈黙を破って当選の事実をしゃべってしまったそうである。そして、もっといけないのは癖になってしまったのか、宝くじやナンバーズを買いまくったそうなのだ。周囲の人間関係はガラリと変わり、金に目が眩んだ人たちが周囲に集まりだす。仕上げはネットワークビジネスの投資話にひっかかり、2億全てが泡と消えていったということだ。
(悪銭身に付かずといったところかな・・・・)

僕の知り合いに大金持ちの会社社長がいるが、毎年収入の中から慈善活動への寄付を欠かさないそうだ。
彼が慈悲に富んだ人物だからではない。
彼は事業の中で多少の悪もやらざるを得ず、そうして得た利益の一部を善に転用することで、一種のバランスをとっているのだそうである。
運命学的にいうと彼はかなり賢いことをしているのだと合点がいった。

これは僕の意見だが、間違って二億円当ててしまった人はこうすりゃいいんだよ。

「半分を陰の極地にいる人々、世界の不幸な人々への寄付にあてなさい。」
そうすれば少なくとも半分は、全く運気を損なうことなく、あなたの手にきちんと残るだろう。そんな気がするよ。

~蔵間さんは現在も再度の幸運を信じて今日も宝くじを買いつづけている。~
そうである。


 


-|trackbacks(0)|-|-

インド代理母ビジネスの陰に貧困の問題が

 いまやインドは代理母ビジネスのメッカになってるらしいね。
まあ、子供がどうしても欲しい夫婦にとっては、代理母に子供を産んでもらうのには切実な思いが込めらているのだろう。
でも、代理母を引き受けるインド女性側には、やはりお金が強い動機になっているようだ。
(当り前の話かもしれないが)

インドで代理母出産の世界最高の成功率を持つ女医さんがいる。
ナイナ・パテルと言う人だ。
2003年からの代理母の成功例は35件。現在妊娠状態の人が42人以上いるらいしい。
ナイナ・パテルさんの医院のケースでは
まず、代理母妊娠に失敗した場合、少額の謝礼のみ。
成功した場合、日本円で75万円ぐらいだそうだ。
その他、妊娠中の生活費として9000円程度。
ナイナさんが最も注意を払っているのは、代理母となることを周囲の誰かから強制されていないか、また代理母出産で得たお金が夫や周囲のものの手に渡らず、確実に彼女の手に入ることなのだそうである。

(昔、日本に輸血用の血がお金になった時代があったことを思い出した。)

代理母は、女性の社会的地位が低いインドでは、確実に大金を手にする一つの手段になってるようだ。
代理母の問題は国籍問題やら医学上の問題やら人権問題やらが複雑で、なかなか難しい。


妊娠・産み分け〜お悩み解消ガイド


 


-|trackbacks(0)|-|-

栄養失調続出 深刻な北朝鮮の食糧事情 サンデー毎日11/9

 北朝鮮はだいぶ以前から食糧事情が悪いことは周知の事実だが、国連やNGOの調査によれば特に今年は深刻さを増しているようだ。
サンデー毎日のグラビアには北朝鮮の最新の写真が掲載されている。
広い路上に人や自転車が行き交い、道端で市のように食料品が売られている。
(ちょうど日本の終戦直後の焼け跡闇市のような光景を思い出してしまった)

この写真は北朝鮮内部の人間が命がけで撮影したものらしいが、もし見つかったら収容所行きだろう。
長正吉という人が撮影した写真だそうだ。
長氏によれば、

「春先から軍の部隊の姿を見かけることが少なくなった。動くと腹が減るからと、訓練や作業を中止して外出もさせずに幕舎に待機させていたからです。若い兵士に聞くと、一食がジャガイモ5,6個だけだと言うんです。栄養失調になるのも無理はない。私の見たところでは、末端兵士の30〜40%が栄養失調ではないか。8月終りにトウモロコシの収穫が始まってやっと軍隊も表に出てこられるようになり、それを狙ってシャッターをきりました」

(そういえば、写真の庶民以上に兵士の姿はガリガリに痩せている)
庶民は市のような自力の経済活動でなんとか食糧の交換などをしているが、軍隊はそうもいかないらしい。
北朝鮮の軍隊は100万人以上の規模があり、彼らに食べさせていく力を政府は完全に喪失しているようだ。

傍からみていると、これだけの強力な軍隊があって、誰がこんな状態に自分たちをしてしまった責任者なのか、ある程度の知力を持った人なら分かるはずなのに、クーデター一つ起こす気配もない。
こりゃ、腹が減り過ぎて、動く気力もなくしてしまったようだ。
北朝鮮軍は現在兵糧攻めにあって、瀕死の状態にあるようだ。
世界的な食糧危機で北朝鮮にはますます食料はいかなくなるだろう。

風前の灯火の北朝鮮軍よ、拉致被害者全部明らかにして安全帰国させてくれたら、わが日本が考えてやらないでもないよ。


-|trackbacks(0)|-|-

そういえばミャンマーを忘れていた

 世の中株とか円高にばかり気を取られていて、すっかり他のことを忘れている。

そういえば、ミャンマーはサイクロンでひどい状態だったようだ。

水田もほとんどだめになっていて、なんとこの国は人力で復旧作業をしているとか聞いている。

先進国なんとかしてやれー!

政治上の混乱もどうなってんだか、さっぱり報道されないね。

-|trackbacks(0)|-|-

数千万ボーナスもらったら“田舎企業”はさっさと辞めるさ サンデー毎日11/9

158年の歴史を持つかのリーマンブラザーズが経営破綻してしまったのは去る9月15日だった。
サンデー毎日が野村証券に転籍になった元リーマンの社員を取材した記事。

破綻から一ヶ月後の10月14日、野村証券がリーマン日本法人を買収し、約1100人のリーマン社員が野村に転籍したのだが・・・・
初めて、野村の本社に研修にいった元リーマン社員の弁。

「・・・きょうは野村の社内ルールや組織の概要についての研修を受けてきましたが、正直言って、『野村の社員になれて嬉しい』なんて思えません。」

野村証券はリーマンの社員に言わせると、「責任の所在がかなりうやむや」らしい。
責任の所在について研修で質問すると、「そのようなケースでは専務にご裁断をいただく」と返事が返ってきたそうだ。

「もし専務がトンチンカンな判断を下す人だったらどうするのですかね。リーマンでは『金を稼いでナンボ』と言うカルチャーがあって、真剣にビジネスを練り上げていました。野村のやり方ではフィー(手数料)が取れません。」

さすが、元リーマンは鋭い指摘をする。
次はとどめだな。

「来年四月には数千万円のボーナスをもらえることになっています。このご時世にあり得ないパッケージです。でも転籍組のほとんどはボーナスもらった翌月に辞めると思いますね。・・・」

潰れた会社の社員が転籍して数千万円のボーナスとは!空いた口塞がらないね。
リチャード・ファルドの年棒80億円と併せてその金、迷惑掛けた全世界にお返しすべきじゃないだろうかね。

「われわれは、インベストメントバンカーとして、メジャーリーガーと同じようなプライドと実力を持つと自負しています。だから『四国アイランドリーグ』に移れて嬉しいかと聞かれれば、金をもらえるからいくだけであって、嬉しいわけがありません」

というわけで、投資メジャーリーガー達のプライドはとどまることを知らないようだ。
メジャーリーガーもチームから出てしまえば、ただの草野球のおっさんなんだが、
この投資メジャーリーガーはそこのところを理解していないらしい。

まあ、どちらにせよ、投資する余裕もないぼくには縁のないお話。
妻は家計助けるためにせっせとパートと内職。


-|trackbacks(0)|-|-

読売新聞オンライン記事検索開始

 読売新聞は来年早々から、オンラインデータベース「ヨミダス歴史館」というものを開始するらしい。

新聞の検索などはありきたりなんだが、このヨミダス歴史館はなんと、明治7年からの新聞をデータベース化してるらしい。

これは、結構面白そうだ。

古ーい新聞というと、田舎にいくと、土蔵の壁なんかに古い新聞紙がはってあって、読んでみるとなかなか面白いことが書いてあったりする。

明治7年というと、日本はまだ、明治維新が終わったばかり。

江藤新平が佐賀の乱をおこしたり、岩倉具視の暗殺未遂事件があったりした年だ。

でも、政治の記事よりも三面記事みたいなものが面白そうだ。

猟奇殺人事件とか、ゴシップネタとか・・・・・

全てキイワード検索できるというのは凄いけど、趣味でのぞいてみるにはチト高すぎるな。

基本料金月額27000円からだそうだ。

結局、専門家の研究用だね。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20081028-00000004-diamond-bus_all

-|trackbacks(0)|-|-

中国恐るべし!!

 

またまた中国製品の有害物質検出ですか。

今度は小麦粉か・・・・・

もはや中国の汚染はとどまるところを知らないって感じですね。

小麦粉といえば、昨年の3月には中国産の小麦粉を使ったペットフードで飼い犬や飼い猫が相次いで死亡した事件が、アメリカで起きたことがあった。

大規模なリコール運動に発展したのを記憶している。

調べてみると、小麦粉の中に大量の殺鼠剤が混入していたことが判明した。

このペットフードは日本でも大量に出回っていたように思うんだが。

また、工業廃液生成した塩や亜硝酸塩を食塩として販売していたとか。

つまり、毒!!


中国恐るべし!!


金になりさえすれば、人殺しても平気って国からもう何も買わない方が身のためですね。


-|trackbacks(0)|-|-

増刊マネーポスト11月号 FX成功の法則

 

脱税主婦が初めて語った「8億円稼いだFX投資術」

 

世界が金融危機を迎えて、現在個人投資家が注目しているのはFX。外国為替証拠金取引の世界かも知れない。もちろん、金融危機のような事態になると、為替相場も急変してしまうので、かなりリスクは高くなるだろうが、逆に言うと大変なマネーチャンスでもあるわけだ。

マネーポスト11月号はFX特集になっていて、大変興味深いことに、新聞紙面で主婦のFX大型脱税で話題になった、脱税者本人の池辺雪子氏の投資術が公開されている。

確か、脱税額一億四千万円だったから、儲けは推して知るべしだ。

脱税は憎たらしいけど、やはり、其れだけ儲けたんだから、いったいどんなノウハウでFXで其れだけ勝ち続けたのか。やはり、知りたくなってしまう。

最近、簡単に大勝できるような触れ込みで、情報商材とか高額のFXノウハウがネット上で販売されているようだが、やはり、ただ、金が欲しいだけの貪欲オンリーではFXの世界も通用しないようだ。

池辺氏いわく。


「勉強もせず、何も知らない相場の世界に入っていくのは、何の武器も防具も持たずに戦場で戦い臨むようなもの。私は徹底的にテクニカル分析を学んだのです。」

 

相場の世界も科学的なデータ分析をしないとやっていけないわけですね。

一番いけないのは勢いと感と人の話に乗ってやってしまうことですかね。

やはり、FXも冷静な理性が働くかどうかが勝負の分かれ道になるのでしょう。

 

FX始めるんだったら、ノウハウと同時に税金対策のノウハウも同時に学ぶのが必須でしょうね。


(誰か名人が身近にいて、その人と同じ取引してれば間違いないんだけどね)


-|trackbacks(0)|-|-

小泉元首相羞恥心なき「親バカ」秘話 週刊ポスト10/17

小泉元首相と次男・新次郎は「毎晩電話のベタベタ親子」だった

小泉元首相の政界引退で、後継指名されたのは小泉元首相の二男。
その小泉進次郎氏(27)と小泉元首相の親バカな親子関係ぶり。

小泉さんのお子さんは、長男の孝太郎のほうはマスコミに登場して既に有名だが、
進次郎氏の方はようやくベールを脱いだという感じだな。
写真などみると、なかなかのイケ面だ。
略歴をざっと書くと、
関東学院大学卒業後、コロンビア大学大学院に留学。
アメリカでシンクタンクの研究員をしていたが、昨年帰国。
地元横須賀市の講演会で父純一郎氏と同席し、衆院選立候補の意向を明らかにしたようである。

進次郎氏、関東学院六浦高校時代、野球部に在籍していて野球生活に没頭していたらしい。
3年生の時、一番セカンドとして出場した神奈川県大会ではベスト16まで勝ち進んだが、
小泉元首相は多忙の政務の合間をぬって、毎試合応援に駆け付けたという。

高校二年の時、野球部の監督が「お父さんが国会議員で大変だな」と進次郎少年に聞くと、
「父は月に一度ぐらいしか地元に帰ってこないけれど、毎日電話がかかってきて、“野球はどうだ?野球はどうだ?”と聞かれる。」と笑いながら話していたそうである。


要するに進次郎さんは、父親に溺愛されてるってことですね。
親の七光!たぶん当選してめでたく国会議員になっていくんだろうけど、親がまったくの凡人である自分などはいささか嫉妬してしまいますね。
日本て国は(いや世界的に)表面民主主義を標榜してるけど、一定の政治家の血統が国を支配していくんだね、結局。われわれはどうせその中の誰かに投票しなくちゃならないのさ!
これ、明らかな現実かな。潜在的身分制度!
何代にも渡って国政に関与するの、なんとか禁止できないものかね。

政治家のあまりにも軽い発言が続く中、新鋭・小泉進次郎の人を引き付ける話力、スピーチ力は群を抜いている。なぜ彼のまわりに人が集まり、引きつけられるのかを徹底解説している。



小泉進次郎の話す力

-|trackbacks(0)|-|-

貧困ビジネスで稼ぐ連中 VOICE記事

格差と言ってもいろいろあるけれど、ここで問題とされているのは、派遣社員などの非正規雇用の問題である。
正社員と言えば、ほとんど雇用期限と言うものもなくボーナスなどの恩恵も受け、定年まで無事勤め上げれば退職金、及び厚生年金を受け取ることができる、実に安全で安定した雇用環境にいる人たちのことだ。
一方、非正規雇用とは、正社員以外の雇用労働者、フリーター、パート、日雇い労働者、派遣のことを言う。
非正規雇用にはボーナスも退職金もなく、年金は自腹を切って払った国民年金のみ。
この正規雇用と非正規雇用の格差を取り上げた、VOICEの記事は、なかなか問題のポイントのつかみ方が鋭く、大変わかりやすい。

この格差問題のはじめは1991年頃からだそうで、若い新卒採用者の数を減らし、入口を閉めて、既成社員たちの立場の温存を図り、足りない若い労働力を非正規雇用でおぎなうような、(残酷な)ダブルスタンダードシステムが、じょじょに出来上がったのだそうだ。
一方には高度成長期時代に作られた手厚い保護。もう一方は彼らを支えるために使い捨ての労働力にされる。たとえば、トヨタ自動車などは現在2300名の派遣社員の首切りを続行中であるが、正社員は誰一人首も切られず、賃金の引き下げすらも行われない。

記事の筆者の結論は
対策の方向性は明らかだ。ダブルスタンダードを解消し、痛みを正社員と非正規雇用労働者のあいだで適正に分配するしかない。それには、賃下げや降格、解雇も含めた正社員の雇用規制を大幅に見直し、人材流動化を推し進める労働ビッグバン以外にはありえない。

大変ごもっともなご意見だと思う。でも、現在の日本のダブルスタンダードは別に社員雇用の問題ばかりにあるわけじゃない。たとえば、農業などの第一次産業とのダブルスタンダード。
地方と都会のダブルスタンダード、中小企業と大企業のダブルスタンダード。
周囲を見渡せば、一方の犠牲によって、一方が成り立つようなダブルスタンダードだらけじゃないか。おそらく、雇用問題のダブルスタンダードが解消されたからと言って、さらに別のダブルスタンダードを生み出していくだけだろう。
格差問題はもっと広い観点にたって、社会構造と人間と人間の正しい関わり方をみるのでなければ、解決はしないだろう。

いま「小金持ち」ではなく「貧困層」がブラックマーケットのターゲットとなっています。経済的に困窮している状況や、法知識の無さにつけ込み、甘い言葉で貧困層からさらにお金を搾り取っているのです。生活保護受給者はもちろん、低所得サラリーマンも狙いうちされている「貧困ビジネス」の実態をルポする一冊です。


貧乏人を喰う奴らを暴く! (宝島SUGOI文庫)










-|trackbacks(0)|-|-
Copyright © zozoの雑誌週刊誌拾い読み日記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます