芸能 | zozoの雑誌週刊誌拾い読み日記

雑誌と週刊誌ネタの世界にようこそ!
雑誌って拾い読みが一番なんです。 できるだけ多くの雑誌を斜め読み拾い読みしましょうね♪

スポンサーサイト

-

一定期間更新がないため広告を表示しています


-|-|-|-

小田和正「実家仮差し押さえ・・・」ラブソングの神様素顔 週間現代

年収2億円を超えるセレブ生活と家族の絆とは・・・

元オフコースの小田和正氏といえば、去年11月に発売されたベストアルバム「自己ベスト2」がオリコンヒットチャートで、自身の最年長アルバム一位の記録を塗り替えたばかり。現在60歳だが、依然として超人気アーティストの座は揺るがない。
東京渋谷の高級住宅街にご夫人と二人暮らしをされているそうだ。子供もなく年収推定2〜3億円といわれている。その、大金持ちの小田さんの実家が差し押さえ処分になっているとは、これまた奇異な話だ。
小田さんの実家は横浜市金沢区で「小田薬局」を経営していて(現在実兄の経営)、、バブル全盛期には15店舗を構える程の隆盛を極めたが、現在では多くの個人薬局と同様大手ドラッグチェーンなどにおされて経営悪化の状態が続き、ついに店舗は3つにまで縮小。結局、厨子の豪邸も仮所分の状態になったらしい。

記事によると、小田さんってもともと優秀な人だったらしい。横浜の名門聖光学院中・高から東北大工学部建築学科を経て早稲田大学の大学院まで進学した。父親は和正氏を医者にしたかったらしいのだが、和正氏は結局建築の道にさえ進まず、ミュージシャンの道を選んだ。父と子の確執があったと憶測している。だが、小田和正氏は記者の取材に、「実家の状態はまったく知らなかった」と答えたと言う。

要するに、小田和正さんはお金持ちなのだから、実家と父親を救ってやってもいいじゃないのかという記事の趣旨なのだが、そこまで週刊誌がとやかく言う筋合いのものでもないだろう。
最後の記事のフレーズ、「ファンに向かって、愛や家族の大切さを歌い続けている小田。
彼には家族との絆を再確認して見せる義務があるのではないだろうか」

そんな義務はないよ!歌手の義務は、いい歌をみんなのためにせっせと歌い続けることだけだ。

ゴージャス松野実家も追い出される 週間新潮1/3・10

沢田亜矢子の元夫である、ゴージャス松野が(46)が実の母親に訴えられ、実家をおいだされていたそうだ。ゴージャス松野は、10年ほど前、あの沢田亜矢子との泥沼の離婚騒動で一躍時の人になった。ここ最近とんとご無沙汰であったが、故郷の福島県飯坂町の実家に戻って実母と同居生活をしていたのだ。
裁判所から、昨年の7月、「建物明け渡し請求」が出され、法的な手段で実家を追い出されたようである。請求に応じず、その後も実家に居座り続ける松野に、福島地方裁判所から、11月、ついに「建物明渡仮処分命令」が下された。
原因はゴージャス松野の暴力・罵詈雑言とかで、老人虐待の疑いをかけられているようだ。
裁判沙汰に実母側に実兄が絡み、骨肉相食む法廷闘争の修羅場になる予想。

ゴージャス松野はあくまで自分の無実を主張し、「痴呆気味の母親が兄に吹き込まれた」とのことである。裁判沙汰の結果は如何に・・・・。

松野さんの「恥多い人生」ぼくとしても、見守って生きたい。

(×。×)

赤坂晃(元光GENJI)その後 (女性自身)

バイトもなしで実家で昼寝・・・母が明かしたニートな謹慎生活 

覚醒剤で懲役1年6ヵ月、3年間の執行猶予付きの判決を受けた、元光GENJIの赤坂晃(34),は,11月21日の公判では、今後の生活を裁判長から聞かれて、
「子供の養育費を払わなければいけないので、家の近くでバイトして払っていきたい」と答えていたが、その後、ほとんどバイトする気配は見えず、家で引きこもりのニート状態にあるという。

アイドルの地位から一転バイト生活とは、現実的にかなり難しいでしょうね。
雇ってくれるところがあるかどうか・・・。

母親によれば、既にある劇団からオファーが来ているという。
記事によれば、もともと、大地真央さんの舞台で評価された演技派なのだそうだ。

落ちたアイドルが復活するのは果たしていつになるか・・・
それとも堕ちた偶像のまま終わるのか・・・・

しばらく見守ってみましょう。

Copyright © 芸能 | zozoの雑誌週刊誌拾い読み日記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます