酒井法子 覚醒剤事件にあった孤独と挫折全真相 週刊女性自身9・1 | zozoの雑誌週刊誌拾い読み日記

雑誌と週刊誌ネタの世界にようこそ!
雑誌って拾い読みが一番なんです。 できるだけ多くの雑誌を斜め読み拾い読みしましょうね♪
酒井法子 覚醒剤事件にあった孤独と挫折全真相 週刊女性自身9・1 | zozoの雑誌週刊誌拾い読み日記 記事一覧

スポンサーサイト

-

一定期間更新がないため広告を表示しています


-|-|-|-

酒井法子 覚醒剤事件にあった孤独と挫折全真相 週刊女性自身9・1

「清楚なイメージだった酒井法子さんの異変は、四年前から囁かれていました。
特に親友とまで言われた工藤静香さんが「のりピー、最近おかしいのよね」と、周囲の人にも話すようになったのは2年前だったと思います。かつて酒井さんは静香さんや森高千里さんと仲のよい”ママ友”と言われていましたが、いまではすっかり疎遠になっているんです」


酒井法子が覚醒剤に手を染める原因は、実は息子のお受験プレッシャーにあったのか・・・・

という記事。

警察の取り調べによれば、酒井のりピーが夫に覚醒剤を勧められたのは、4年ほど前だった。
4年前といえば、息子の小学校お受験のあった時期。

酒井は、「息子は大学付属の有名私立小学校かインターナショナルスクールに入れたいの」という、セレブ教育志向をもっていたのだが、なんと、その有名私立小学校受験前日に、朝までクラブで遊び呆けて、寝坊して受験そのものをドタキャンしていたらしい。

この尋常ならざる狂態に、親友の工藤静香と森高千里も、すっかり呆れ果ててしまい、酒井への友人としての信頼がすっかり揺らいでしまったらしい。

酒井は生い立ちを調べると、孤独の影がチラホラ見える。

酒井には3人の母がいて、一人は生みの母。酒井が2歳の時、両親が離婚。
生みの母とは悲しい別離。その後、父の妹である叔母の家に10年間預けられ、この叔母が第二の母。三人目が父の再婚相手の女性。
その後、実父が交通事故で他界。

お受験といえば、有名私立小学校の場合、ほとんどが良家で生来セレブな家系の人々が多い。受験ともなれば、子供本人だけでなく、両親や家族親族の社会的地位など、細かく審査の対象になるので、氏素性のよい周囲の親たちとのギャップに、相当なプレシャーを感じていたのではないかという、推理のようだ。

少し、説得力に欠ける記事だけど、クスリによってしか解放され難いような、知られざる孤独が、あったのは確かなようだ。

ところで、

隠された原因。風水が問題だった!!
酒井法子が所属しているサン・ミュージックは過去、岡田有希子の自殺とか、桜田淳子の宗教問題とか、いろんなトラブルが起きているが、実は、社屋のビルの風水の条件が非常に悪く、「隔角殺」と「悪龍」という風水的悪条件のビルだったらしい。トラブルが起きやすいとか。

でも、最近移転しているのに、なぜこんな事件に巻き込まれたかというと、引っ越した直後は、前から移動した気と新しい土地の気が混じり合い、非常に不安定になることが原因らしい。


酒井法子が更生するには、息子への純粋な母性愛と「風水」のお勉強以外にはありませんね。(笑)



-|trackbacks(0)|-|-

スポンサーサイト

-

-|-|-|-
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
Copyright © 酒井法子 覚醒剤事件にあった孤独と挫折全真相 週刊女性自身9・1 | zozoの雑誌週刊誌拾い読み日記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます