政治 | zozoの雑誌週刊誌拾い読み日記

雑誌と週刊誌ネタの世界にようこそ!
雑誌って拾い読みが一番なんです。 できるだけ多くの雑誌を斜め読み拾い読みしましょうね♪

スポンサーサイト

-

一定期間更新がないため広告を表示しています


-|-|-|-

猪瀬都知事 整形二重まぶた疑惑は真実か

猪瀬都知事、徳洲会5000万円事件で辞任も近いと思われますが、最近猪瀬の整形疑惑が広がっている。
お話の出処は、週刊新潮12月5日号の猪瀬都知事特集記事のようだ。

タイトル 「偉ぶった鼻つまみ者を生んだ劣等感 猪瀬都知事まぶた整形疑惑とお化粧と5cm底上げ靴」

テーマは猪瀬都知事のコンプレックスと虚栄心について


週刊新潮の記事によれば、

若い頃の猪瀬都知事の写真を見ると、確かにボテッとした一重のまぶただったが、最近の写真を見ると、なぜかクッキリとした二重になっている。
専門家レベルの見方では明らかにプチ整形で二重まぶたにした目のようなのですね。

「確かに猪瀬さんのまぶたは一重から二重になっています。考えられるのは、プチ整形されたか、眼瞼下垂の手術をしたか、・・・・・猪瀬さんの写真を見る限り、目はそんなに開いていませんから、プチ整形の手術をされた可能性の方がより高いと思います。」


猪瀬都知事って元来が劣等感の塊のようで、二重整形に眉のお化粧、さらに160cmの低い身長を少しでも高く見せるためにMBT(マサイ・ベアフィット・テクノロジー)と呼ばれる、底上げシューズも愛用してるらしい。

(MBTシューズって健康にいいらしい)
  ↓  ↓  ↓
話題沸騰のMBTシューズ メンズ Ajabu 運動靴 

コンプレックスの裏返しとしての権力衝動も以上に強く、国交大臣になりたくて小泉首相時代に色々と根回しに奔走したことがあったらしい。

民営化推進委員会の関係者の指摘では

「猪瀬さんという人は、一見改革派の旗印をあげているように見えます。しかし、それと権力志向とは二律背反ではありません。つまり彼は権力を掴むためにはどう行動すべきかを一貫して考えていた。反権力的な動きをし、人気を勝ち取った上で、権力の中枢に食い込んでいく手法です。5000万円を受け取ったのも、結局、その程度の人だったということです。」


猪瀬都知事の不倫相手中平まみよれば、猪瀬都知事の行動原理は

「自分をいかに見栄えよくするか」

なのだそうだ。
猪瀬都知事をモデルにした小説だそうです。
↓  ↓  ↓
ポランスキーも小男だけど [ 中平まみ ]
★立身出世欲のためになり振りかまわず権力にすり寄り、のし上がったいやしいやつ。文藝賞作家の衝撃のモデル小説。



-|trackbacks(0)|-|-

徳田毅・徳田虎雄親子 猪瀬5000万円をめぐるリアルな会話

週刊新潮12月5日号は、猪瀬直樹東京都知事に関する特集を組んでいる。

猪瀬直樹が徳田毅代議士から5000万円を選挙資金として受け取ったことは明白のような気がするのだが、猪瀬都知事はあくまで個人的な借入金として、変な借用証までマスコミに披露する仕儀になっている。
今後の成り行きが注目されるが、

新潮に掲載されている、猪瀬直樹氏が徳洲会から5000万円を受領する際の、徳田虎雄と息子の徳田毅の携帯電話による会話が、ヤクザ映画のセリフみたいにリアルだった。
-|trackbacks(0)|-|-

日本の財閥・名家の現在 鳩山・石橋・正田・豊田・津島・岩崎

週現スペシャル「日本の大金持ちシリーズ」
新・日本の閨閥あの名家はいま


東北の地主津島家 新華族正田家、トヨタの豊田家、岩崎弥太郎の岩崎家、ブリヂストンの石橋家ほか・・・・
(週刊現代11・17日号)
斜め読み。

銀の匙をくわえて生まれてきたものは、富に恵まれる半面、家を守る宿命を負わされる。そして成功者は姻戚関係を通じて富と権力を囲い込んできた。日本の閨閥の知られざる現在を明らかにする。
-|trackbacks(0)|-|-

田中美絵子氏今度は逮捕歴 スポーツ報知 2009/9/11 

これ、スポーツ新聞の拾い読み。

次々といろんな過去の経歴が暴露されている民主党 田中美絵子衆議院議員。

コスプレ風俗ライターの次は、映画のヌード出演。

そして、このたび、なんと逮捕歴が発覚したようです。

田中美絵子衆議院議員は、帝京女子短期大学時代、単身エジプト旅行に行き、登頂禁止になっているピラミッドの敷地内に侵入。登頂まで登ってしまい、降りたところを現地当局に御用となったらしい。


田中さん本人の弁によれば、「夜中の3時ぐらいに隣のゴルフ場から侵入して、朝のご来光を見て、降りてきたところを逮捕されました」

ということのようです。

逮捕歴といっても、たいした問題じゃありませんが、田中先生、かなりのじゃじゃ馬娘だったようですね。

政治家としてその破天荒な行動力に期待したいと思います。

でも、民主党はヒヤヒヤものですね。


ところで、田中美絵子さんヌード披露の映画、映画「盲獣vs一寸法師」のDVDに関する問い合わせが配給会社に殺到中。DVD再発売の見込みです。


-|trackbacks(0)|-|-

"偽メール"永田寿康「自殺未遂」までの軌跡 週刊現代12/6

「ライブドアの堀江貴文社長があなたの次男に、選挙コンサルタント料として3000万円振り込むよう指示したメールがこれですよ。幹事長、このメールを説明してください!」
2006年2月、衆院予算委員会で自民党の武部勤幹事長に対し、勇ましい"爆弾質問"を浴びせた民主党の永田寿康衆院議員(39歳)だが、これが偽メールと判明し、永田が議員辞職、前原誠司民主党代表も引責辞任するという大騒動に発展した。あれから2年あまり、すっかり消息を聞かなくなっていた永田氏が、福岡で自殺未遂を起こしたというから穏やかでない。(週刊現代p30)


民主党の永田寿康さんとはおなつかしいお名前ですね。
どうやら自殺未遂事件を起こしておいでだったようです。
あの、メール事件はあまりにもお粗末というか、東大出身官僚あがりのエリートにしてはきちんと裏もとらずに国会質問を行うなどという幼稚さに、ぼくもあきれ返った次第です。世間から優秀とされている官僚出身エリート議員も、世間で思うほど大したことないんじゃないかと思いなおしたものでした。

永田氏の父親は福岡でも有名な富豪のようで、福岡和白病院をはじめ5つの病院、5つの専門学校を経営している蒲池真澄氏。やはり議員辞職後は父親の蒲池さんを頼らざるを得なかった模様ですね。
父親の資産と人脈をもってすれば、再び議員に返り咲けるとタカをくくっていた永田氏でしたが、残念ながら運命は彼に好意的でないようで、民主党から「今後公認を与えない」旨、通告を受けてしまっていたようです。

議員辞職後の、永田氏の軌跡。
議員辞職→父親が株主の「健繊」→親類の経営する公認会計事務所→離婚→自殺未遂
という流れでした。

父親が蒲池で息子が永田と姓が違うのは、永田氏の母上と蒲池氏が離婚したからのようです。

それにしても、国会議員までつとめながらいざとなると父親に頼らざるを得ないのは、男としても少々ふがいないような気がいたしますね。
転落といっても依然として富豪の父親の財がバックにあるわけで、この程度では転落ともいえないでしょう。永田氏は偉大な父親の影で一生頭が上がらず終わるでしょう。
永田さん結構イケ面のような気がするので、元政治家のタレントなんかどうでしょうかね。
恥を晒すつもりなら、結構売れるような気がするんだが。
人気が出たところで、もう一回選挙に打って出るとか・・・。

-|trackbacks(0)|-|-

小泉元首相羞恥心なき「親バカ」秘話 週刊ポスト10/17

小泉元首相と次男・新次郎は「毎晩電話のベタベタ親子」だった

小泉元首相の政界引退で、後継指名されたのは小泉元首相の二男。
その小泉進次郎氏(27)と小泉元首相の親バカな親子関係ぶり。

小泉さんのお子さんは、長男の孝太郎のほうはマスコミに登場して既に有名だが、
進次郎氏の方はようやくベールを脱いだという感じだな。
写真などみると、なかなかのイケ面だ。
略歴をざっと書くと、
関東学院大学卒業後、コロンビア大学大学院に留学。
アメリカでシンクタンクの研究員をしていたが、昨年帰国。
地元横須賀市の講演会で父純一郎氏と同席し、衆院選立候補の意向を明らかにしたようである。

進次郎氏、関東学院六浦高校時代、野球部に在籍していて野球生活に没頭していたらしい。
3年生の時、一番セカンドとして出場した神奈川県大会ではベスト16まで勝ち進んだが、
小泉元首相は多忙の政務の合間をぬって、毎試合応援に駆け付けたという。

高校二年の時、野球部の監督が「お父さんが国会議員で大変だな」と進次郎少年に聞くと、
「父は月に一度ぐらいしか地元に帰ってこないけれど、毎日電話がかかってきて、“野球はどうだ?野球はどうだ?”と聞かれる。」と笑いながら話していたそうである。


要するに進次郎さんは、父親に溺愛されてるってことですね。
親の七光!たぶん当選してめでたく国会議員になっていくんだろうけど、親がまったくの凡人である自分などはいささか嫉妬してしまいますね。
日本て国は(いや世界的に)表面民主主義を標榜してるけど、一定の政治家の血統が国を支配していくんだね、結局。われわれはどうせその中の誰かに投票しなくちゃならないのさ!
これ、明らかな現実かな。潜在的身分制度!
何代にも渡って国政に関与するの、なんとか禁止できないものかね。

政治家のあまりにも軽い発言が続く中、新鋭・小泉進次郎の人を引き付ける話力、スピーチ力は群を抜いている。なぜ彼のまわりに人が集まり、引きつけられるのかを徹底解説している。



小泉進次郎の話す力

-|trackbacks(0)|-|-

政治家達の豪華カーライフ 週間プレイボーイ5/26

5月1日からガソリンリン税の暫定税率が復活した。1リッターで30円近くの上昇。
庶民にとってはかなりきつい。

週間プレイボーイの政治家達のカーライフを取材した記事。
筆頭の内閣総理大臣が乗る総理大臣公用車は、トヨタセンチュリー
価格ノーマル状態で一台1千万円以上。
ほかに少なくとも2台はあるらしい。
2台が現行のセンチュリーで、もう一台は旧モデルのセンチュリーとか。

衆議院参議院には公用車があって、議員は公務の際にこの車を使用することができる。
衆議院の場合、公用車126台。車種「クラウン マイルドハイブリット」購入費一台約300万円。ガソリン代約3200万円!もちろん国の負担。つまり税金。

興味深いのは公用車ではなく政治家個人の所有する車はどんなものか?

麻生太郎 アウディA4クワトロ
馳浩   ハマー
松本謙公 フェラーリ
全て衆議院議員。
資産ランキング上位の常連、笹川尭衆院運営委員長の場合。
メインが白のレクサスLS600HL、その他白のロールス・ロイス、地元で使うのはセンチュリーだとか。所有台数8台以上!
小池百合子 プリウス
片山さつき トヨタクラウン
小沢一郎  アルファード

・・・・・・・
というような具合。
しかし、中には非常に庶民的に軽自動車に乗ってる国会議員もいる。
民主党藤田幸久衆議院議員 7年前に買ったダイハツ ミラ・ジーノを自分で運転しているそうだ。

基本的に政治家って車みただけでも金が有り余ってるのが分かるというものだ。

政治家の品格、有権者の品格

内容(「BOOK」データベースより)
今、日本の危機に対応するには、本当の意味で日本の将来にわたる国益を第一に考え、その信念を国政の場で実践できる品格ある政治家が不可欠である。メディアはこぞって「政治が悪い」「政治家が悪い」と報じる。私はそれだけのせいだとは思わない。コモンセンスを持たない、私利私欲やブームで一票を投じる品格なき有権者が、政治家の品格を貶めている。本書は、マスを相手に情報を売る新聞、テレビといったメディアには伝えられない真実に踏み込んだ。
政治家の品格、有権者の品格




埋蔵金50兆円はここにある!(週間ポスト)

「国の借金は膨大であり、今後は年金などの社会保障費も増大する。だから、消費税アップもやむをえない」−−−国民は財務省からそう”洗脳”されてきた。しかし、本当にすぐに増税は必要なのか。現職の内閣参事官で、”国家予算の全てを知る男”ともいえる高橋洋一氏の「爆弾告発」は、08年国会で増税論議を本格化させようとしている福田政権と財務省に待ったををかけるものである。」(週間ポストP26)
                                
埋蔵金とはつまり、国の会計の中の埋もれた剰余金のことである。政府は「財政難、財政難」と増税を決め付けているが、よく調べてみると、50兆円もの剰余金が政府の財源の中に埋もれているという。50兆円といえば、消費税20%で一年分にも相当する額だそうだ。
これでは、増税論議など、いっぺんで吹っ飛んでしまうだろう。

調べたのは内閣参事官の高橋洋一という人だ。
それも、仕事として上からの業務命令でやったわけでもなく、なんと!いわば夜鍋仕事の趣味でやったのだそうだ。

高橋氏によれば、「調査の仕組みを作るのは難しいが、もう仕組みはできているので、あとは表計算ソフトに数字を入れて、ボタンを押せばパーッと出てくる・・・」のだそうである。

凄い!是非やってほしい。

こういう人こそ、国民にとってなくてならない存在なのだが、どうでも増税をしたい政府は、この優秀な参事官を、あまりにも煙たいので「社史編纂室」などという閑職へ左遷してしまったらしい。

(これは、日本国民にとっては大きな損失だな)

高橋氏によれば、国は増税論議の前に4つのやるべきことがあるという主張だ。

1、経済成長率をあげる。
2、眠っている埋蔵金を放出し、売れるものは売って借金を減らす。
3、歳出をカットし、予算をぎりぎりまで減らす。
4、社会保障制度を与野党で抜本的に見直す。

ということだ。ごもっともな意見だと思う。

国も財政難なので多少の増税は必要かなと思ってたんですが、この記事読んで、ぼくはすぐに考え改めましたね。
増税反対!そしてこの優秀な高橋さんをすぐに元のポストに戻すべし。





1
Copyright © 政治 | zozoの雑誌週刊誌拾い読み日記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます